顔だけ黄色い人

いつかこのコメを思い出してきっと炊いてしまう

終電は必ず接続するわけではない、乗り換えできない時がある

誰しも一度や二度は最終電車に乗ったことがあるんじゃないでしょうか。

 

いわゆる終電。

 

この終電ですが、必ずしも接続しているとは限らないんです。。

 

 

接続してる?どういう意味?

という人もいるかもしれないので説明すると

 

例えば、自宅最寄の駅に帰るとき

途中で一度乗り換えが必要だとします。

 

この時、例えば最初に乗っていた電車が何らかの原因で遅れてしまった時

 

次に乗る電車が、その遅れた時間分だけ発車を遅らせて

遅れた電車に乗っていた人がちゃんと乗車できるように待ってくれている場合は

「接続している」

 

待たない場合、定刻通り発車をする場合は

「接続していない」

 

ということになります。

 

 

たいていは、

別の鉄道会社同士の話だと思います。

 

同じ会社どうしの場合で、

普通から急行へ乗り換えるとか

そういう場合は、たいていは接続してると思います。

遅れてるのは自分の会社の電車なわけですしね(^_^;)

 

 

でも他社の電車が遅れている場合は話が違います。

 

 

 

これ、接続するかどうかというのは

 

その都度、その時々の判断での対応になるようです。

当然と言えば当然ですよね、

 

うちは必ず、JRの終電がここに来るのを待ってから発車しますよ!

 

なんて言っといて、

仮にJRの最終電車が30分も1時間も遅れたら…

 

そのあとの作業やもしかしたら明日の準備にも影響しかねないので、

さすがに待ってられません。

 

 

なので、

 

そういう事態が発生した時は

 

各社の指令所が連絡を取り合って

接続するかどうか決めているようです。

 

 状況次第ってところなんですね。

 

 

なので、

前回遅延した時は発車を待ってくれた、接続してくれた

としても、

今回は発車を待たない、接続しない場合もあるので、

要注意です。

 

 

おそらくですが、

 

「できるだけ接続する」

という風に決められている箇所もあると思われます。

 

例えば、山手線とその駅から郊外へ放射状にのびる私鉄とか。

 

そもそも毎日、その乗り換えを利用している人が多そうなので、、

お客様の利便性を考えて

 

できるだけ接続する、となっていそうです。

 

 

あとは乗り換え駅で、

 

もともと乗り換えを想定したようなダイヤになっている場合。

 

こういうところは

もともと、乗り換えの人を待つようなイメージで発車時刻を決めていると思われるので

 

多少遅れた場合も待ってくれる可能性がありそう。

 

 

しかし、何度も言いますが、

あくまでその都度の対応なので、絶対はありません。

 

 

また、

 

逆に「接続していません」とハッキリ明示していることもよくあります。

 

乗り換え駅に、

○○線の終電は△△線と接続していません

 

とハッキリ書いたポスターを貼りだしている等です。

 

この場合は、この書いてある通り、

 

なにがあっても接続はせず

定刻通りの発車なんだな、とおもっておいた方が無難だと思います。

 

結構、そういう駅、多いですよ(笑)

 

 

 

スマホ等のアプリ「乗換案内」で終電を調べたら

自宅最寄駅まで帰られる、と表示されたのに

何で、乗り換えできないの!?

と怒りたくなる気もわからなくはないですが

 

乗換案内は基本的には、

定刻通りの運行をしていた場合のことを表示しています。

 

また、乗り換えで歩く速度も、あまりにも遅いと

乗り換え案内が想定していたよりもかかってしまい、

結局、乗り換えできないなんてことも。。

 

 

とにかく、

 

どうしても帰らないといけない!

という人は、終電なんかには乗ってはいけないということだと思います(笑)

 

 

鉄道会社は、定期券を持っている人に対してもおそらくそうですが

「運ぶ」ことは約束していても、「到着時間」の約束はしてないんですよ。

契約に含まれてない。

 

なので、仮に鉄道会社の事情で遅延したり

ダイヤが乱れたりしたとしても

何の保証もないと思っておいた方が無難だと思います。

(実際、何らかの対応があるのかないのかは不明ですが)

 

まあ、時間まで約束してたら、

鉄道会社はつぶれますよね(笑)

1分遅れたから返金しろ、とか、

事故で2時間止まってたから賠償金よこせとか

 

そんなのに対応してたら鉄道会社は無くなり、

電車はこの世から無くなるでしょう(笑)

 

 

 

ということで、

 

他の公共交通機関と比較すると時間に正確な鉄道ではありますが

そうはいっても、あてにはするな、ということですね。

 

自己責任です!

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について