顔だけ黄色い人

いつかこのコメを思い出してきっと炊いてしまう

藤原竜也主演のドラマ #リバース のタイトルの意味とは?

2017年4月〜6月期のドラマでは、「リバース」が面白い。

といっても、実はそれほど熱心には観ていないんですが・・(^o^;

 

原作があるドラマですからね、原作が面白いと話題なので。

湊かなえさんの作品です。

 

 

リバースって英語ですよね・・たぶん。

そう考えたら、なぜアルファベット表記ではなく、日本語のしかもカタカナ表記なのか・・?

 

 

ここからは

勝手な想像で書かせていただきますので、間違えている可能性もあります。

 

 

 

※※ ネタバレ注意 ドラマの結末情報あり ※※

 

 

 

リバースを英語になおしてみて考えられる説を列挙していきます。

 

最後らへんはネタに走ってます(笑)

 

 

一部、ドラマの結末に触れる部分がありますので

 

結末を知りたくないという方は、この記事は読まないようにしてください(笑)

 

 

1 リバース=逆再生

まず最初に思い浮かぶのはこれ。

「reverse」です。

 

これは、

逆、反対、裏、背面、逆転、後進

のような意味の言葉で、「逆再生」の時に使う言葉です。

 

今回のTBSドラマ「リバース」において「逆再生」という意味でとらえると・・

要は、過去を思い返すってことですよね。

 

深瀬(藤原竜也)の親友だった広沢(小池徹平)が死んだ理由を探る

という話が、過去にさかのぼる話だから、reverse ということなんだと思います。

 

ドラマの映像においても、あえて「逆再生」するような映像が、けっこう挿入されてますもんね。

 

広沢が死んでもう何年も経ち、それを忘れたかのように過ごしてきた深瀬たちは

少しずつ逆再生してその時へ舞い戻っていき、そして真相にたどりつく。

 

なので、最もわかりやすい意味がこの「逆再生」だろうなと思います。

 

2 リバース=生まれ変わる

もうひとつの「リバース」が

rebirth

です。

 

こちらは

「re」もう一度

「birth」生まれる

 

再生とか復活という意味もあるんですが

「生まれ変わること」のような意味があります。

 

ここからが完全なネタバレなんですが

原作だと、本当に最後の数行で、今まで明かされなかった事実が明かされます。

 

なんと、

 

 

 

 

広沢は蕎麦アレルギーだったんです。

 

 

広沢が出ていく直前にコーヒーを入れてあげた深瀬でしたが、蜂蜜を入れてあげてました。

 

それがまさかの、蕎麦から取れたハチミツ。

 

実は別荘へ向かう途中にそのハチミツを買ってました(第1話にそのシーンあり)

 

また、みんなで蕎麦屋で食事しようとなったところでは、

広沢がひとり「俺はカレー屋にする」と空気読めない感じになってましたが

あれは空気読めなかったわけではなくて、

蕎麦を食ってはいけない身体だったからなんですね…

 

これを深瀬は知らなかった。

 

なのでコーヒーに蕎麦ハチミツを投入して…

広沢に渡した、と。

 

それで、原作の最後の最後で気付きます。

 

深瀬「広沢を殺したのは俺だったのか」

 

これで原作は終わるんですけど、

え?!そのあとどうなるの?!みたいな感じで(笑)

 

湊かなえさんっぽい「イヤミス」って言うんですかね😓

ちょっと後味悪い終わり方をします。

 

今回のテレビドラマでは、このあとについても少し描かれるようなので、

ある意味、原作を読んだことがある人の見所は

この最後の、深瀬が気付いたあとから、かもしれません。

 

じゃあリバースとは…

 

生まれ変わり

 

要は、ここから深瀬の新たな人生が始まるということだと思います。

 

今までは他の仲間たちと共有した秘密を抱えて生きてきたわけですが

ここで気付いた「自分が真犯人」というのはまさに自分だけの秘密。

 

これは美穂子(戸田恵梨香)にも言えない秘密だと思います。

 

そんな秘密を抱えて、これからどうやって生きていくんでしょうか。。

 

なので、

ここで、これまでの深瀬は死に、新たな深瀬になった

そういうことなんだと思います。

 

逆再生のリバースと、生まれ変わりのリバース

この二つの意味を待たせたのが

湊かなえさんの狙いかなと。

 

3  リバース=藤原竜也が過去作品へ戻る

ここからは完全に、ネタコーナーです(笑)

 

リバースの巻き戻る意味から、

藤原竜也さんに、過去の出演作品の役柄に戻ってもらおうかなと(笑)

 

例えば…そうですねえ…

 

デスノート!

夜神月(やがみらいと)の役でしたよね、藤原竜也さん。

 

そして奇遇なことに

ミサミサこと、弥 海砂(あまねみさ)の役が、

戸田恵梨香さんでした(笑)

 

なので…

 

例えば、戸田恵梨香さんのリバースでの役である美穂子と、深瀬である藤原竜也さんがいるシーンで、

 

急に高圧的に、偉そうに喋り出すとか(笑)

そうだよな!リューク!とか(笑)

 

むしろ、最後のシーンで

実は広沢の名前をデスノートに書いてたとか(笑)

 

 

あとは…カイジ!ですね、やっぱり。

 

美穂子と一緒にハチミツを舐めるシーンで

う゛う゛ん゛め゛え゛え゛え゛ぇ゛ぇ゛え゛あ゛!

 

と叫ぶとか(笑)

 

 

どうしても藤原竜也さんと言うと、叫ぶシーンが浮かんできます(笑)

 

巷では、「クズ俳優」と呼ばれているとか😓

あ、ダメな俳優という意味ではなくて、「クズ」の役が似合う、そういう役ばかり回ってくる俳優、という意味です。

 

実は今回のリバースも、クズだ、と言われてます

 

4  リバース=藤原竜也がリバースする

最後にありえるリバースの可能性としては

もう一つよく使われるいみで

 

リバースする=吐く

 

です。

 

藤原竜也さんがリバースしまくる…

そんなドラマだったら…

 

もはやカイジですね(笑)

帝愛地下王国(笑)

 

 

ちなみに、英語で吐くことはおそらくリバースとは言いません(笑)

和製英語だそうです(笑)

 

 

 

ということで、

ドラマ「リバース」のタイトルの意味について考えてみました。

 

リバースも視聴率が低迷している模様。。

 

もうドラマで視聴率を取るのはむずかしいのかもですね。

 

おそらく、21時〜22時台にテレビを観てる人が減ってるんだと思いますね。

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について