顔だけ黄色い人

いつかこのコメを思い出してきっと炊いてしまう

小野但馬守政次(高橋一生)は自分を盾にして井伊を守ろうとしている #おんな城主直虎

井伊直親(三浦春馬)が暗殺されてしまうことになった、

井伊家の今川を裏切って徳川につこうとした件、

その時のやり取りから

小野但馬守政次(高橋一生)も人が変わったようになりました。

 

政次は今川に呼び寄せられ、申し開きをさせられました。

 

 

いっときは、直親の元で頑張って井伊を盛り立てていく

といった感じだったのに、

いつのまにか、完全に今川の手先となり。

 

井伊家をのっとろうと画策している感じに。。

 

小野政次は野心家

まあ、

よく言われる話だと、

「のっとり」の方向へ政次が向かうのは自然なことのようにも思います。

 

父親同様に野心があって

井伊家をのっとろうとしていた

 

と言われていますしね。

 

おんな城主直虎の小野但馬守政次(高橋一生)は悪役で最後は処刑される - ひなぴし

 

なので、史実からよく言われる内容だと、

どんどんダークサイドに落ちる政次、という感じなんですけど。

 

というか、元々の説だと、

最初からそういう人、みたいな感じなんですが😓

 

 政次は本心を隠して生きてる?

でも、今回の「直虎」では、

もしかしたら、政次は本当の気持ちを胸に秘めたまま行動している、というキャラクターなのかもしれません。

 

 

この「直虎」では、政次、直親、直虎の3人が幼馴染設定なので…

しかも、直虎に対し、政次・直親の二人は恋愛感情アリな感じでしたし。

 

おそらく、ただ単純にダークサイドに落ちる、というようなストーリーにはならないと思われます。

 

「おんな城主 直虎」にNHKが緊急指令か「高橋一生の露出を増やせ」 - ライブドアニュース

 

高橋一生の延命措置

どうやら、視聴率を考えての

高橋一生延命措置に合わせたことなのかもしれませんね。

要は、今話題の俳優「高橋一生」を早く退場させてしまうと視聴率の低下を招くのでは?というおそれ。

できるだけ高橋一生の登場シーン、出演回数を増やし、高橋一生目当てで「直虎」を観てる人をつなぎとめるという作戦(笑)

 

僕は今回の大河ドラマのキャスティングをした人が、なかなかすごいなーと思ってます。

たしかに高橋一生は徐々に知名度を上げてきている俳優ではありましたが、

大河ドラマの重要な役をやるには…

去年の時点ではまだ、「誰?」という感じが一般人の間にはあったような気がしますし。

 

それが2017年1月〜3月期のドラマ「カルテット」で大ブレイクして、タイミング良く大河ドラマの重要な役をやってるという(笑)

 

おそらく今回の大河ドラマでは、直虎役の柴咲コウに続くポジションだと思います。

小野政次役の高橋一生。

 

 

まあ、、小野但馬守政次がけっこう先まで出演し続ける、というのは急に言われたことではなくて

僕はもともとその方向だったのかなと思ってますが…

そうでないと、幼馴染設定が活きませんし。。

 

 

またドラマの見所という観点だと、

政次役の高橋一生がいなくなると、いわゆる「イケメン枠」の人がいなくなってしまいますし、

出演者の「豪華さ」がほぼ無くなります(笑)

というか、高橋一生が去るとこのドラマの出演者、、目を引く俳優がいなくなります(笑)

 

三浦春馬もいないですし、

菅田将暉が出てくるのは最後らへんの少しだけでしょうから。。

 

その点から考えても、もともと長く生かすつもりだったのでは?と。

高橋一生は長生きするでしょう、そりゃあ(笑)

 

 

「おんな城主直虎」のクライマックス

それと、

 

小野但馬守は史実なら早く死ぬ、

という話も

 

井伊直虎という人の人生におけるドラマチックな話を取り上げた時、

 

この小野但馬守から井伊谷を取り戻すところがクライマックスなのではないか、と僕は思うんですが、そうじゃないんでしょうか。

 

そりゃ、井伊直政というのちの徳川四天王を生み出した功績もありますけど、、

直虎の人生でみたときには、やはりここが一番大きいところじゃないのかなと思います。

 

そう考えたら、この大河ドラマでも早く死ぬことはなく、

もともと後半で死ぬ予定だったのではないかと思うのですが・・

 

クライマックスをそんなに早く持ってくるとは思えませんしね。

 

 

第15回(2017年4月16日放送)「おんな城主対おんな大名」の回で

小野玄蕃の妻・なつが、政次について龍潭寺の南渓和尚に語っていました。

 

なつ

どうしてもひとつ解せぬことがあります。

兄上(政次)には子がおりません。

井伊の後見におさまり手に入れたこととて

先のないことと申しますか

にもかかわらず、それほどまでにこだわるのはもしや(後見になることに)

井伊を今川から守る盾になろうとしているのではないか

 

南渓和尚

わからん

ただ、それが政次の本意としても

それは政次は認めんだろうの

 

なつ

なにゆえ?

 

南渓和尚

本意に思われれば、もう盾にはならんからの

 

 

…というやりとりがありました。

このシーンが入るということは

 

これは伏線ですよね。

 

小野政次は井伊家のため、井伊直虎のために行動している、という。。

 

そもそも有名な人ではないですし、

事実が何かもハッキリしていない人ですから

よく言われる「史実」と違うからといってすぐに「これは歴史を改変しすぎ」とは言えないわけで。

 

 そこがこの大河ドラマの良いところかもしれません(笑)

有名ではないし資料も豊富にないので、

比較的自由に話を作ることができる。

 

 

父親同様に、今川家の庇護を受け

家臣でありながら井伊家を乗っ取ろうとした

という元々の解釈に

 

実はそれには深い理由があった

 

としているということですね。

 

小野政次の最期

そうなると、、気になるのは

小野政次は最期にどうなるのか?ということ。

 

事実でいうと

井伊谷の領主となった政次は最終的に徳川家康に攻められて捕らえられ

井伊家を陥れた罪で処刑される

 

ということなので、この部分は変えられないでしょう。

 

そうすると…

政次は、最期まで直虎に、真意に気づいてもらえないのか?

 

身を呈して井伊家とその土地を守ったのに

井伊家から罪人として扱われて殺されてしまうのか。

 

はたまた直虎には真意に気づいてもらえたものの

井伊家からの助命嘆願が間に合わずに徳川家康に処刑されてしまうのか。

 

前者だとあまりにも可哀想な人ですよね。。

だからおそらく後者になるんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。

 

ただ、史実としてよく言われているのは

直虎が家康へ、政次の横暴(直親を陥れて殺させた)ことを申し出たことにより

政次は家康に処刑されてしまう

なんですけどね😓

 

 

どのタイミングで直虎が政次の真意を知るのか?というのもありますね。

政次が捕らえられた段階になって初めて、なのか

それとも

もっと早く、政次に井伊谷を明け渡すタイミングでなのか。

 

これはきっと前者なんでしょう。

そうでないと「助命嘆願が間に合わない」なんてことにはならなそうですし。

 

高橋一生から菅田将暉へのリレー

きっと、小野政次が亡くなって高橋一生が出演しなくなるタイミングで井伊直政役の菅田将暉が登場するのではないかと。。

 

政次が死んでから、直政(虎松)は家康の家臣になるんですが、その時まだ14歳。

 

え?!14歳役を菅田将暉がやるの!?

と思いそうですけど

このドラマではそれぐらいの年齢の徳川家康の役を、阿部サダヲが演じてましたので(笑)

 

普通にありえると思います。

 

 

高橋一生から菅田将暉のリレーによって

「イケメン枠」を引き継ぐのではないでしょうか。

 

 

あれ??でも、

 

そう考えたら、高橋一生がいなくなっても菅田将暉登場があるので、

早く高橋一生がいなくなってもいいのでは説が出てきますね(笑)

 

いやいや、

そうはいっても、今の人気は

高橋一生 > 菅田将暉

だと思いますし、

 

そもそも、

井伊直政が登場するぐらいからあとに

井伊直虎の人生の見所なんて、あんまり無い気が…(笑)

 

去年の「真田丸」みたいなタイトルに主人公の名前が入っていなければ

これは真田家の話であって、真田幸村のことだけの話ではないですよ?

と言えそうですけど

 

「おんな城主直虎」ですからね(笑)

直虎の人生だけの話ですよね。

 

 

…と考えると

 

どちらにしても

なんとなくですが、年末までストーリーがもたないような気がしてきました😓

 

政次が井伊谷をのっとって処刑されるまでを数ヶ月かけて描くのか?

はたまた、創作の話を色々盛り込んで、ホームドラマのようになるのか…

 

どういう風に話が展開されていくのかが

気になります。

 

 

まだ…4月なんで

放送期間の1/3しか終わってないんですよね(笑)

 

 

井伊直虎の感動的な逸話、何かあるのか!?(笑)

 

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について