顔だけ黄色い人

いつかこのコメを思い出してきっと炊いてしまう

龍雲丸(柳楽優弥)の正体は石川五エ門説 #おんな城主 #直虎 #おんな城主直虎

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」は

柳楽優弥さん演じる「龍雲丸(りゅううんまる)」が登場してきたところから

相当架空の、史実とは関係なさそうなストーリーが展開されていきます。

 

というのも、この龍雲丸が実在した人物とはされていないためです。

 

まあ、こういう人と直虎の交流について

この大河ドラマで描けるのは

 

そもそも主人公である井伊直虎(柴咲コウ)自体が

資料が少なく、どういう人であったのかよくわかっていないためだと思います。

 

なので、今年の大河ドラマは相当自由度が高い。

まあ、あんまり自由にやりすぎると

「史実厨」と呼ばれる人からバッシングを浴びそうではありますが(^_^;)

 

史実に沿うのも大事ですが

結局はドラマですからねぇ・・

 

ドラマとして面白くなければ、放送する意味はないと思います。

これまでの大河ドラマでも架空の話とか史実上は確認できないことは多々出てきましたので、別に今回の直虎に限った話ではありません。

 

 

龍雲丸は、この直虎では

直虎の家臣のような、そうではないような立場で

でも、これからの直虎の人生に関わってくるとか。

 

 

おそらく、「武将」としてではなく

真田丸でいう佐助(藤井隆)のような忍のような役割の者として

関わってくるのではないでしょうか。

 

徳川や今川、武田、織田

あらゆるところの情報を集めてきて、直虎の進むべき道を示していくというか。

 

まあ、これは想像なんですけどね僕の。

 

 

この龍雲丸について「架空の人物」とされているものの

実は正体が

 

石川五エ門

 

なのではないか

という話があるようです。

 

 

まあ、これも想像でしかないんですけどね。

 

石川五エ門自体が存在があいまいで

のちの世に作られたイメージが強すぎて

かなり架空の人物っぽい人ではあります。

 

まあ「存在」を示す資料もあるようですが・・

 

そういう人物なのであれば

もしかしたら龍雲丸という名前で登場させて、実はこの者はのちに・・

という扱いにするのかもしれません。

 

 

石川五エ門に伝わる伝説と直虎での龍雲丸

 

石川五右衛門に関する伝説には次のようなものがあります。

 

・忍の技術を学んでいた、それを活かして盗賊として活動していた

・秀吉の命を狙って捕らえられ、最後は釜茹での刑となった

・江戸時代に歌舞伎や浄瑠璃で取り上げられ、義賊として有名になっていった

・生没年不詳でのちに作り上げられたイメージが大きく、実在があやしまれていたがイエズス会の宣教師の記録にそれらしい人のことの記述があるらしい

・武家の出身である

・遠江国(現浜松市)の生まれという説あり(他の地域の説もあるが)

 

これらをみていくと・・

 

「忍の技術を学んでいた、それを活かして盗賊として活動していた」

これはまさしく、このあと、井伊直虎の右腕として

諸国の情報を集めてくる、というのと合致しますよね。

 

「秀吉の命を狙って捕らえられ、最後は釜茹での刑となった」

生没年不詳の人ではあるんですが、井伊直虎が生きた時代とも合致するようです。

まあどちらかといえば、直虎よりも後の世代という感じですが・・

実際、「おんな城主直虎」内でも柴咲コウさんより柳楽優弥さんの方が若そうなので

その辺はそこに合わせているという気がしますが。。

 

秀吉の命を狙ってとらえられたとも、秀吉が権力者となった時期に京などの都市部で大々的に盗みを働いていたため捕らえられたとも言われているみたいです。

 

ちなみに調べてみたら、石川五右衛門の墓と呼ばれるものがあるお寺は

「大雲院」というところだそうです。

「雲」の字が入っているあたりも、「直虎」の脚本家さんが「龍雲丸」を名付けるときに意識しているような気がしますよね。

 

過去の大河ドラマ「秀吉(竹中直人)」でも石川五右衛門は登場していて

赤井英和さんが演じていました。

そのときのゴエモンは、秀吉の幼馴染という設定だったんですけどね(^_^;)

最後は釜茹でになって死ぬというところまで放送されていたと思います。

 

「江戸時代に歌舞伎や浄瑠璃で取り上げられ、義賊として有名になっていった」

「義賊」というのがミソです。

「義賊」の意味とは、国や領主、権力者からは「犯罪者」として扱われるものの

金持ちから盗んだ金品を貧乏な人々に分け与えるなどして大衆の支持を得ているような者を指す言葉です。

 

石川五右衛門の義賊説はまあ、これは完全に、江戸時代に創作として作られたもののようなんですけどね。

徳川の世になって、その前の秀吉時代を批判する意味も込めて

その秀吉の世に反発する義賊として描かれたとか。

 

これは「直虎」における龍雲丸そのままですよね。

権力者、武士、領主等に歯向かって、そういう者から金品を奪い

身寄りのない者たちを養っていくという。

 

直虎たちが生きた室町時代後期から安土桃山時代の義賊といえば

石川五右衛門なので・・

龍雲丸がのちの石川五右衛門である、と「直虎」でされる可能性はやっぱり高そうです。

 

「生没年不詳でのちに作り上げられたイメージが大きく、実在があやしまれていたがイエズス会の宣教師の記録にそれらしい人のことの記述があるらしい」

存在自体がよくわからない人なので、いくらでも創作可能です!

ただ、一応、そういう人がいたらしいことは資料が残っているみたいですけど。

 

武家の出身である

これも伝説のひとつですが、石川五右衛門はある地域の領主の子息であるとの話があります。

龍雲丸も字が書けるのは、武家の出身だから、と言われていました。

 

「遠江国(現浜松市)の生まれという説あり(他の地域の説もあるが)」

ここがけっこう大きい、

龍雲丸=石川五右衛門 説になる理由かなと。

 

実は石川五右衛門はいろんな地域の出身であるという説があるのですが

その中に遠州浜松辺りの出身というのがあります。

 

これはまさに、「直虎」の領地のあたりの話であり

龍雲丸が気賀を根城に活動している、というのと合致します。

 

 

ということで

かなり龍雲丸と石川五右衛門の伝説には合致する点があることがわかりました。

 

あと別の話で、

今回の「おんな城主直虎」の脚本家である森下佳子さんが

 

「掟破り」の大河直虎、脚本森下佳子氏に聞く - 梅ちゃんねる - 芸能コラム : 日刊スポーツ

 

「好きな大河ドラマは『秀吉』」

 

と語ってるんですよ(笑)

秀吉は竹中直人さんの演技はもちろん印象的でしたが

赤井英和さんの石川五右衛門は秀吉の幼馴染としてけっこう強い印象を残したキャラでした。

 

なので、そのゴエモンをこの「直虎」にからめてくる可能性は高そうです。

 

あとは、市川海老蔵さんが演じた石川五右衛門の役を

森下さんが賞賛していたという噂も。

もしかしたら、五エ門好きなのかもしれません(笑)

 

 

 

井伊直虎は、織田信長が死んだ本能寺の変のあとすぐぐらいに死んでしまいます。

 

が、石川五右衛門が上の伝説のような人だとすると

秀吉が天下を取る時代まで生き残るわけなので

 

もしかしたら、「直虎」の終盤で、直虎の元を離れ

「この者はのちに天下の大泥棒として名を馳せ、最後は釜茹でに・・」みたいなナレ死が行われるのか(笑)

 

直虎が実現しようとした想いを引き継いで生きていく人として描かれるのか。

 

石川五右衛門になると考えたら

それはそれでいろいろと物語に幅ができそうでおもしろいですね。

 

 

ちなみに、

井伊直虎はのちに戒名で「妙雲院」となります。

 

ここにも「雲」の字が(笑)

まあ、「雲」はよくある字ではありますけど

 

なんとなく龍雲丸が直虎に影響与えたっぽい雰囲気が醸し出される感じですよね。

 

あえて「雲」の字を使った名前にしたのか。

 

史実にはいない龍雲丸ですが

このドラマ「おんな城主直虎」では、

龍雲丸は重要な役のようですね。

 

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について