顔だけ黄色い人

いつかこのコメを思い出してきっと炊いてしまう

井伊直政の名前は井伊直親と小野政次から一文字ずつ取って名付けられた説 #おんな城主 #直虎

おんな城主と呼ばれている井伊直虎(柴咲コウ)が後見人となっているのは

虎松(寺田心)、のちの井伊直政です。

 

井伊直政はのちに徳川家康の家臣となってどんどん出世し

井伊家を現代まで残るような名家にしました。

 

なので、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」では

とくに後半は、この井伊直政の教育とその成長が描かれるものと思います。

 

直虎がすごい

と言われるのも、結局、直政を育て、出世のきっかけを作ったからですしね。

 

 

「直虎」では、

次郎法師こと井伊直虎(柴咲コウ)とその許嫁であった井伊直親(三浦春馬)

そしてその2人と幼馴染だった小野但馬守政次(高橋一生)の3人の関係がとてもしっかりと描かれてきました。

 

井伊直親は早々に今川の手にかかって命を落としてしまいましたが

直親は子である直政を残し、また、忘れ形見として隠遁生活を送っていたときの子・高瀬があとから登場するなど

ドラマから退場しつつも、残った人々へ影響を与え続けています。

 

小野政次と直虎は

反発しあいながらも、なんとか井伊家を守っていっているという。

 

しかし、小野政次については

直虎や南渓和尚など一部の人は「井伊家を守るために行動している」と気づいてはいるものの

大半の家臣や周囲の人たちは「今川家の犬であり、井伊家を乗っ取ろうとしている」と思っています。

 

 

なのでおそらく小野政次が亡くなる時に悲しむのはほんの一握りの人なのかなと。。

 

 

まあもしかしたら

そのタイミングで他の人達も真意に気づく、という流れなのかもしれないんですけどね。

 

というか、実はそういう方向性にこのドラマは進んでいるのかもしれません。

 

 

というのも、

 

虎松はこののち、徳川家康の家臣となる際に

 

「万千代」という名前をもらいます。

このとき、小野政次の甥である亥之助も万福という名を与えられます。

 

 

そして、さらにその後、

元服して万千代は井伊直政という名になります。

 

 

井伊直政ってことは

 

直は父である「直親」の直であり、

井伊家の当主が代々名乗ってきた字です。

 

では「政」は・・・??

というと、

これはなんとなくですが、やっぱり小野政次なのかなと。

 

直政が「政」の字を使う意味が、正直よくわからないんですよね。

もしかしたら別に意味があるかもしれませんが・・

 

ここは少なくともこの大河ドラマでは「小野政次から取った」とされるものと思います。

 

この大河ドラマにおいて高橋一生さんが演じる武将のことを「小野政次」と呼んでいることからもおそらくそこにつなげようとしているのかなと推測できます。

 

この時代の資料においては「小野道好」という名前が残っているようで

「小野政次」というのは末裔に伝わる資料にのみ出て来る名前だそうです。

 

だからあえて「小野政次」と呼ぶようにしたのは

井伊直政の名前につなげるため、なのかなと。

 

 

そしてさらに、亥之助が虎松とともに家康に召し抱えられるのも(というか、亥之助は万福となり万千代付きとなるんだと思いますが)

おそらく、この時点で徳川家康(阿部サダヲ)が小野政次の真意に気づいて

井伊家のために小野家の血も絶やしてはならぬ

と判断することによるのかな、と思っています。

 

 

井伊直親の「直」と小野政次の「政」これらを合わせて

井伊直政

とする

 

そういうことなのかなと。

 

 

ただ、井伊直政が元服するのは

どうやら、井伊直虎が亡くなったあとのようです。

 

なので、大河ドラマ「直虎」で

名付けの部分がどう描かれるのかは注目ですよね。

 

直虎が「直政」という名前を死の間際かもしくはその前に

万千代に授けるのか

 

 

それとも、あらゆる話を伝え聞き

すべての真意に気づいた万千代本人が「直政」と名乗るのか。

 

 

まあ・・このドラマの主人公は直虎ですから

やっぱり直虎が授ける、という方向性になるんですかね〜

 

 

 

それにしても

実際になぜ「直政」とつけたのかはちょっと疑問ですよね。

 

まあその当時には小野道好と呼ばれていたから、政の字は関係ないはず

かもしれませんけど

 

末裔の系図に残ってるってことは

政次と呼ばれていた可能性も・・

 

 

そして政次と呼ばれていたとしたら

 

もしかして井伊家を乗っ取ったかもしれない小野政次の字を1文字とるとか

ちょっと考え難い気が・・・

 

 

万千代の名前は徳川家康の「竹千代」あたりからとられた名前でしょうし

家康から一文字もらって

 

「直康」とかになってもおかしくない気がするんですよね。

近藤康用とか、「康」の字をもらったみたいですし。

さらに直政の場合は徳川家康の寵童だったという噂もありますから。。

(寵童とは女性のように男性から愛される男性のこと)

 

 

政の字を入れたのはやっぱり小野政次ではないのかな〜という気がするんですよね。

大河ドラマというだけでなく。

 

 

歴史的記録から、小野政次が井伊家を乗っ取ろうとした

というのも

 

そうした方が都合が良い人がいたからなのではないのかなと。

 

歴史は勝者が作ると言われますから

井伊家の歴史についてはきっと徳川家の都合がいいように作られているはずです。

 

徳川家康の命令で処刑された小野政次が、実は良い奴だった

なんて、やっぱり記録は残せないと思うんですよね。

 

なので、

今回の大河ドラマ「おんな城主直虎」で描かれている小野政次の

「実は井伊家のために働いていた」は

やっぱり本当のことではないのかな

と勝手に思っています。

 

そうでないと、なんで「直政」なのかと・・(笑)

 

まあ、家康家臣の誰か別の人から1文字もらったとか

そういう可能性もあるんですけどね。

 

 

ということで、

 

井伊直政の名付けについて想像してみました。

 

もうひとつのブログ「ひなぴし」も運営しています。そちらもたまに更新します(笑)
このブログへメール 削除依頼について